MS法人設立ならMS法人設立専門の柏崎法務事務所へ

MS法人設立費用/MS法人運営コスト

MS法人設立費用/MS法人運営コスト



■設立時の支出・一時的なデメリット(株式会社設立という想定)

・設立代行報酬…10万前後

・法人設立の実費…「収入印紙、定款認証手数料」など、約20万円

・法人の印鑑の作成代金…約15000円

・人材紹介業、人材派遣業、高度医療機器というような業務を行う場合のコスト
許認可を取る必要⇒国に払う税金+専門家への報酬が発生
資本金…資本金1円でも会社を作れるが、人材紹介業・人材派遣業のような許可をとると、資本金が500万もしくは2000万円ぐらい要求される。



■継続的な年間支出…設立後に継続的に発生するコスト

・社長社会保険料増額分…年間約60万円(役員報酬、年間で800万円前後の方を想定)

・社会保険料増額分(人材派遣する場合)…人材に対して給与を支払う結果、社会保険も合わせてコストとして発生。月額25万円の従業員2人の場合、年間約45万円から50万円

・賃料…クリニックとは別に事務所を構える必要が発生

・消費税(消費税課税事業者のみ)

・会計事務所に支払うコスト…年間約30万円

・役員再任登記…法人格によって任期は違うが、1回3万円ほど

・法人住民税…赤字であっても、7万円


■時間的コスト

・契約書の名義変更の手間…例えば医療機器をMS法人に名義を移す場合

・税務調査の確率が2倍になる…法人が2個になるので

・会計帳簿を2社分作成するため把握が複雑になる



■まとめ
つまり、このコスト以上のメリットがないとMS法人を作る意義が薄れる
 ※特に、毎年発生する税理士さんに対する顧問・決算報酬

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional